目の病気を見逃さない|普段の見え方から老眼をチェックしよう

  1. ホーム
  2. 放置していてはいけません

放置していてはいけません

目元

目のピント調整力の衰え

一般的に40歳前後になると老眼の兆候が現れてきます。その兆候の例としては、スマホの文字が見ずらかったり、本や新聞などを見る時に手を伸ばして遠ざけると良く見えたりするといった症状が挙げられます。他にも、逆に近くで見るととても疲れたり、無理に見ようとすると肩こりや頭痛がしたりするなどがあるのです。このように様々な症状が現れ始めたら老眼の始まりです。このように、老眼の兆候にも様々なものがあるため、定期的にチェックしておくとよいでしょう。人によっては老眼を認めたくないので、何が何でも老眼鏡をかけないで済まそうとする人がいますが、先ほど挙げたチェック項目に当てはまるにも関わらず放置すると、ますます眼精疲労から老眼の進行を早めてしまいます。結論からいうと兆候が見られたらすぐに、適切な度数の老眼鏡を使い目を疲れさせないようにしましょう。またメガネの人は遠近両用レンズに替えましょう。人により乱視など目の状態は変わるので、出来れば眼科できちんと度数を測ってから老眼鏡を用意しましょう。これは、手元での作業をしたい場合とパソコン作業をしたい場合では、目の焦点の合う距離が違うからです。またスマホばかり見ている若者でもスマホ老眼になっている場合がありますので、この場合もチェックを行い、少しでも当てはまったら適切な検査をしてもらう事が必要です。加齢による老眼との違いは、遠くは良く見えるのに近くのみが見えにくく疲れるという点です。加齢の場合はピント調整力が衰えるので、遠くも近くも見えにくくなるのが特徴です。スマホ老眼のチェックが出来るアプリなどもあるので活用すると良いでしょう。