目の病気を見逃さない|普段の見え方から老眼をチェックしよう

  1. ホーム
  2. 症状を調べる方法と利点

症状を調べる方法と利点

レディ

自身でできる方法とは

老眼とは老視といわれ、近くを見たときにピント調節が合わなくなる視力障害のことを指します。40代前半から症状があらわれ始める一方で、高齢になっても症状があらわれない人も存在しています。また、老眼は放置すると症状が進んでしまうだけでなく、眼精疲労に加え自律神経にも影響を与えかねないのです。早い段階で治療や対策を行うと、心身ともに健康な生活を送ることが可能となります。そのため、老眼のチェックは、自身で行うことができる一方で、眼に病気を有していたり近視が強い人は眼科専門医に直接調べてもらうのが望ましいでしょう。自身できるチェック方法の1つとして、老眼度数確認表を使用する方法が挙げられるのです。度数確認表は、度数を自身で計算をすることができ、目元から30センチ離れた場所から上から下へ順に文字を読んでいくやり方です。この方法はインターネット上で提供されているほか、度数確認表をダウンロードして部屋で使用することもできます。部屋で行う場合は適度な明るさがある環境を確保し、文字が見えにくくなった場所が自身の度数となるのです。他のチェック方法として、幾つかあげられた自覚症状から老眼かどうかをチェックすることも可能です。自覚症状の項目として、細かい文字を離して読む方が楽である・近くを見ると疲れるなどが挙げられます。チェックをすることで、自身が老眼かどうかを早い段階で確認することができるのが利点といえるでしょう。