目の病気を見逃さない|普段の見え方から老眼をチェックしよう

  1. ホーム
  2. 眼科を受診しよう

眼科を受診しよう

眼鏡

日頃の行動を見返してみる

最近は小学生でも老眼になるといわれる時代です。これは目を酷使する人が増えてきているからです。パソコンやスマートフォン、TVゲームというように、私たちはいろいろな便利機器を使っていますが、このような機器は便利であるものの目にはかなりの負担をかけているのです。特に、40代になると年齢的にも老眼になってもおかしくないため、気をつけるようにしましょう。まず、チェックの仕方としては眼科を受診することが一番です。眼科で検査を受けることで、老眼かどうかチェックすることができます。しかし、眼科へ行くのは億劫だったり、そこまではしたくなかったりするのなら、自分でチェックしてみましょう。例えば、日頃の行動を見返してみるのです。老眼になると、新聞や本を見る際、遠く離して見るようになりますが、これまでこのような行動をしたことがなかったのなら、これは明らかにチェックが必要です。また、役所などへ手続きに行った時、書類に記入をすることができなくなってしまうことがあります。つまり、目が見えにくいと感じたら、これは老眼かもしれません。もちろん、近視の人でも老眼になることはあります。いつもかけている近視用のメガネをかけていてもよく見えないという時には、老眼になったのかもしれません。本当に老眼になってしまったか確かめるためにも、眼科できちんと検査を受けてみましょう。このようにして、日頃から自分でも老眼のチェックをしていけば、すぐに眼科受診へのきっかけになるはずです。また、老眼と分かったら老眼鏡によって矯正をしていきます。