目の病気を見逃さない|普段の見え方から老眼をチェックしよう

目元

放置していてはいけません

40代前後には、老眼による症状が現れ始めます。症状には主に、文字が見えにくくなったり、肩こりや頭痛が起こったりなどが挙げられます。症状が現れ始めたら、適した度数の老眼鏡を使用したり、目を休めたりするようにしましょう。また、自分が、老眼であるかをきちんとチェックしておくことも重要となります。

手元が見えにくくなったら

目元を触る女性

見え方を確かめて

老眼とは、加齢とともに進行する遠視のことをさします。たいていの人は、年齢が若いうちは近視や乱視を発症します。ついついテレビやスマホ、本などに近づき過ぎてしまうことが多いためです。近視の人が老眼になると逆によく見えるようになったと勘違いして、発見が遅れることもあります。老眼になったかどうかは、日常生活の行動をチェックしたり、簡単なテストでチェックすることができます。日常生活の行動では、近くのものが見えにくくなった、新聞紙や本を読むときに遠ざけて読むようになった、夕方になるとものが見えづらくなった、近くのものを見ると目が疲れるようになった、目を長時間使うと疲れるようになったなどが主なチェック項目です。これらのチェック項目で二つ以上あてはまるようならば老眼の可能性が高いです。簡単なテストでは、指を使ったものがあります。指を目の前に持ってきて、指紋がくっきり見えるところを探します。目のすぐ近くから始めて、徐々に遠ざける形で探していきます。30センチ以上遠い場合は老眼といえるでしょう。同様に、表を使ったものもあります。メガネメーカーや眼科のサイトからダウンロードし、印刷して使います。指のテスト同様、ピントがあったところでチェックします。これらの方法で、老眼かどうかはおよそ把握できますが、他の病気があるときにはこの限りではないので、心配になったら眼科医の診察を受けましょう。自覚症状があれば一度見てもらった方が安心です。

眼鏡

眼科を受診しよう

老眼のチェックは眼科受診が一番ですが、日頃の行動を見返してみることでもできます。新聞や本を見る時に遠くに離して見るようになったら、これは老眼の可能性が高いと言えます。40代になったら、誰でも起こりやすいことです。

レディ

症状を調べる方法と利点

ピントの調整がうまくできない視力障害を老眼といいます。老眼は主に40代前半頃から現れる症状ではありますが、人によっては症状が現れない人もいます。しかし、老眼を放置しておくと、眼精疲労や自律神経などに影響が出てしまうため、早めに治療を行なうことが大切です。現在は、自分で老眼であるかをチェックする方法もあります。